ようこそ日本賃貸住宅管理協会 京都府支部公式サイトへ

サイトマップお問い合わせ

財団法人 日本賃貸住宅管理協会 京都府支部の新着情報です。

2016年02月15日

日管協京都府支部研修会・新年会

平成28年度1月25日(火)日管協京都府支部研修会・新年会が
京都ブライトンホテル 麗華の間で行われました。

講 師: 土井公認会計士・税理士事務所 
弁護士: 土井 貴達氏(代表)
講 座:「マイナンバーの理解と不動産会社の運用方法」

今後の不動産業務に関する重要な内容が入っており、参加者
は、しっかりとみなさん聞かれておりました。

その後、新年会にうつり参加されている方はさまざまな来賓者と
交流を深められておりました。

司会の方は、青年部会 日本アークリード株式会社 木村 大輔氏にしていただき、
最後に一本締めを株式会社学生ハウジング 石本副支部長により、華やかな会も閉幕いたしました。
posted by 運営者 at 10:04| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

京都府防犯モデル賃貸マンション認定制度の概要

 京都府では、防犯設備の充実した賃貸物件を登録する
「京都府防犯モデル賃貸マンション認定制度」の本格運用が
始まっております。特に大学生など1人暮らしの女性が住む
マンション内での犯罪防止を目指す取り組みで、オーナー向け
説明会を実施し申請を受付けております。

京都府警、京都府、京都市が推奨し、防犯設備の専門家NPO法人京都府防犯設備士協会が認定する制度です。分譲マンション対象の認定制度の登録物件は京都府内で129件(昨年3月末現在)で、登録物件での犯罪被害は未加入物件に比べ少ないとの報告がございます。

今回は、賃貸物件にも認定制度を導入し、防犯環境を向上させ、犯罪被害の未然防止を目指します。制度では、防犯カメラや照明の設置、ベランダへの侵入防止措置などアパート型の集合住宅で31項目、3階建て以上のマンション型で41項目の認定基準を設置しました。防犯ニュースの掲示や各設備の3年毎の点検などソフト面での独自基準も新たに設けました。

申請後、審査に合格すれば認定物件として、入り口に認定
プレートを掲示する事ができ、入居者様募集の際のアピールが可能です。
大学側も学生に安全な住まいを紹介できる利点が ございます。この制度を有効活用して、京都の安心・安全を
アピールされてはいかがでしょうか?(京都新聞抜粋)
尚、制度の詳細につきましては、下記からお願い致します。
info_kpp_6.pdfinfo_kpp_6.pdf
posted by 運営者 at 00:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする